方程式の解

スポンサーリンク
数値計算

一般的な根の計算 – ニュートン法

平方根の計算をニュートン法で行ったので、これをもう少し拡張してみます。やることは、3乗根の計算、n乗根の計算、それから方程式の解をニュートン法で求めてみます。収束計算のアニメーションもあるので、ニュートン法とは何かきっと分かると思います。
数値計算

どのようにA行列をLU行列へと分解するのか – アルゴリズム –

LU分解では、A行列をL行列とU行列へ分解することが必要です。このとき、単純に分解していてはゼロ割になっていしまうことがあり、Pivotという方法で行列を入替えながら分解していくことが求められます。なかなか複雑な方法なので、理解が難しいですがPythonコードとともにその理論と実装を説明します。
数値計算

LU分解とは何なのか – 具体的な計算で考える –

連立方程式 \(A \boldsymbol{x} = \boldsymbol{b} \) の解\( \boldsymbol{x} \)を求めるときに、逆行列を使った\( \boldsymbol{x} = A^{-1} \boldsymbol{b} \)という形以外に、\( A = LU\)と分解して解 \( \boldsymbol{x} \) を求めるLU分解があります。このように分解すると何がうれしいのでしょうか?具体的に計算してみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました