Jupyter notebook に画像をDrag & Dropしてみよう

プログラムを書く上で、Jupyter notebookに理論展開の数式やメモ、アルゴリズムも一緒に書いてノート代わりにしています。まさにプログラムが動作するノートですね。

画像の貼り付けもドラッグ&ドロップで出来るとあったので、試してみました。

使用環境はWindows 10、Anaconda Navigator 1.9.7です。

Jupyter notebook extensions のインストール

ネットを検索すると、Jupyter notebook extensionsが必要とあったので、以下のURLにあった内容でインストールを行いました。

ipython-contrib/jupyter_contrib_nbextensions
A collection of various notebook extensions for Jupyter - ipython-contrib/jupyter_contrib_nbextensions

まず、Windows スタートから、Anaconda Promptを選択します。作成した環境毎にプロンプトのショートカットがあるので、普段使っている環境のプロンプトを選択します。

自分が使っている環境は(opencv)なので、これを選択します。

Anaconda を使っているので、以下のコマンドを実行します。

conda install -c conda-forge jupyter_contrib_nbextensions

あれ、Solving environment でずっとクルクルしている・・・
インストールが終わらないぞ

ということで、以下のコマンドで”conda”のアップデートを行いました。

conda update -n base conda -c default

“y”を選択してインストールを開始します。

途中以下の”コマンドが無い”的なメッセージが出てましたが、問題なく進みます。

conda のアップデート後にもう一度  Jupyter notebook extensions のインストールコマンドを事項します。途中何度かコマンドプロンプトが立ち上がりましたが、無事これもインストール完了しました。

この後にJuptyter notebookを立ち上げると、”Nbextension”のタブが出現しています。

ドラッグ&ドロップしてみよう

この後にDrag & Dropのエクステンションにチェックをつければ可能になると書いてあってので、エクステンションを探してみると・・・・

Drag & Dropがないぞ・・・

とりあえずこの状態でDrag & Dropしてみます。

Drag & Dropできた!

もしかしてDrag & Dropの機能はデフォルトになったのかなと思って、 Jupyter notebook extensions をインストールしていないJupyter notebookでテストしてみると・・・

出来ました・・・無駄なことをしたかなと思いますしたが、Extensionがインストールできたので良しとします。

注意点としてですが、画像ファイルをDrag & DropするJupyter notebookのセルは”Markdown”にしておいてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました